この想い、この感じ、お届けしたい・・・・・・・・「愛・感謝・自分を信じる心・魂・命の大切さ」・・・夢が叶う実験よ~ by25
情熱惑星
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
刺青
2012年 05月 31日 (木) 09:26 | 編集
大阪の橋下市長が職員の刺青の有無を調査していた。
それについて「ヤバイ印.com」(右リンク欄参照)の管理人さんが書いていらした。

ニュースを見て市の職員さんに「そんなにいたの?」と驚いた。
採用基準は何だったの?・・・ と思った。

いつ頃採用されたのか分かりませんけれど
市の募集だったなら今のご時世ドッと集まったと思うのです。
それなのに彼らが採用された・・・

普通の会社の面接に「刺青をしていますか?」の質問は確かに無い・・・はず・
それにしても、採用時点で落ちた人もいると思うのでどこを見たのかなと思う。
刺青の彼らの方が優れていたことになる。

刺青=ヤクザとも言えない。
職業によってはしている人もいる。
好きだからという人もいる。(今時のファッション?)

一見してどこで見分けるかというと・・・わからない。
だから困る・

困った「オオサカ」
これでいいのか「オオサカ」

テレビで見る「遠山の金さん」は実在の人?
あの「桜吹雪」はお芝居だから?

それはそれとして・・・

私個人的には刺青は「ステキ」とは思ったことはないけれど
「きれい」と思っている。

外国人がしていたり、今の若い人がしているものではなく
昔ながらの日本の刺青はキレイと思う。

20くらいの頃
なぜかわからないけれど刺青について書かれた本があって興味本意で読んだ。

学校を卒業し上京して日の浅い夏のある日、山手線に乗った。
私の前に立った恰幅の良い男性の白の開襟シャツの袖口から
3ー4㎝、藍とピンクがかったオレンジの刺青が肌をしっかり埋めていた。

座っている私がちょっと見上げたら目の前・・・
こんなにそばで見たのは初めてで「触って見たい」と思わず手が出そうだった。

おお! はしたない・・・知らない人なのに・・・
でも、見たいし・・・
怖い人だったらもっと困るし・・・
でも、触ってみたいし・・・

そんなことがあって・・

なぜ刺青の話になったか覚えていないけれど
年下の同僚、K美ちゃんにその話をした。

すると彼女が
「25ちゃん、いくらでも触らせてあげるよ。
うちおいでよ・・お祖父ちゃん、刺青してるからさ・・・
でも、しわくちゃだけどいい?」

瞬きも忘れていると
「お祖父ちゃん、ヤクザじゃないから心配しないで・・
鳶だったの・・」

触れさせていただくことはなかったけれど、そんなことがありました・・・
お勤めしていた29歳の頃・・・

ヤクザではありませんでした。
いなせな鳶の親方でした・・・

それから時が経って・・・

彼女は22・3だったと思う・・
スリムな美人さんで、今思えば女優の中山美穂さんのようでした・

ある日・・・これもある夏の日・・・
私に背を向けたとき「ん?」と思った・・・
裏に絵の描いたTシャツだと思った・・
「あ、おしゃれね!」と一瞬思っただけで気にも留めなかった・・

そうこうしているうちに
ジーンズからTシャツがはみ出して背中が覗いた・・

「ん?  ん??  えっ??  なに? 」・・・
藍に鮮やかなグリーンにピンクに黒?
私は彼女の背中を知っている・・
そんな色はついてない・・

25:「◯ちゃん、背中見せて!」
◯ちゃん:「分かっちゃったぁ?」

25:「お母さんは知ってるの?」
◯ちゃん:「この前、おかあさんに見られちゃった」・・

25:「お母さんなんて言ってた?」
◯ちゃん:「悲しそうな顔をして、黙ってた・・・」

彼女はTシャツを脱いで見せてくれた・
背中全面・・腰の下まで・・
大きなガーゼが背中の4/1ほど覆って血がにじんでいた。

鮮やかな観音様の図柄だった・
一回2時間ほど彫るそうだ・
熱が出るのとお金が掛かるので2週間に一辺新宿まで行くのだという・
機械彫・・
彼女は若くて綺麗な肌だったから彫り師に褒めれれたって・・
・・だと思う・・ため息が出た・・

もうどうしようも無い・
途中でやめないで完成させて頂戴と思った。

彼女の家はヤクザ組員と周りから聞いた・
本人はそれを恨み普通に生きたいと言っていたはず・・
それなのに、その後年の離れたヤクザと付き合いが始まったと聞いた・・
行動にムラがあったけれど思いやりのある気の利く子だった。
彼女も今は、40半ばになったはず・・どうしているだろうか・・


最近テレビで刺青を消すために手術をする女性が増えたという。
結婚のため、子供と一緒にプールに入りたいから・・理由はいろいろ・・

「バカ」って言っちゃいけないと言われているけれど「バカッ!」
大声で言っちゃう。
愚かにもほどがある。
ニュースを見ても、まだするバカがいる。
素敵でもかっこ良くもない。
歳取ったらシワシワよ・・・
蝶だって、バラだってヨレヨレになっちゃう・
まして観音様のお顔だって頬がたるんでヘン!
テレビに出て涙したって可哀想とも思わない。
同情の余地もない。

彼女、背中全部じゃ消しようがないから
堂々と生きなさいと思う。

まだあった・・・

友人の、もと義弟がヤクザの幹部だった・・
ある日連絡がなかった・
2日も3日もなかった・・・

1日連絡がないことはあり得ない世界で
この時点で普通じゃないことが起こったことが分かった。

1ヶ月以上経った頃だったろうか・・
見つかったと連絡が入ったそうだ・
顔はわからないほどになっていたそうだ・・
身元確認は身体に彫った刺青。

その後、彼女は離婚したので今、縁はきれている。

まだまだあった・・・

昨年出会った私より少し年下の人・・
殆んどの人が知っている大手企業の関東代理店で代理店のまとめ役会長をしていた人。
中学生の頃からお兄さんについて組の事務所に出入りしていたそうだ。

ヤクザの世界に入って
少年院? に入って脱走して・・・
それが見事だったのか・・小説のモデルになったという。

20で堅気になってそれからは真剣に勉強して事業家になった。
従業員をたくさん使って、都の仕事も有名なビルも手がけたという。

私が会ったのはジリジリと暑い夏の日だった・
長袖だった・・・刺青があると言う。
指も2本欠損していた。
言われなければ気がつかない。

私は、なぜその世界に入ったのかと聞いた。

父親の会社が倒産して食べれなかったのだそうだ。
世間が冷たい中、彼らがあったかく受け入れてくれたのだそうだ。
脅しにかっぱらい・・悪いことは何でもやった・・・
ただ、人は殺めてない・・・

「25さん、人は簡単に殺められるもんじゃないですよ」・・
彼の真剣な言葉を私は今も覚えている。

現在、彼は刑務所から出てきた人たちの更生に力を貸している。
保護司さんかと尋ねると、一度お世話になった人間は保護司にはなれないのだそうだ。
保護司さんが手を焼く人間の更生を頼まれて預かっていると話していた。

「みんないい子だよ
人の接し方が下手でね・・・不器用なんだよ・・」
愛おしくて、愛おしくてしょうがないと言わんばかりに話してくれた。

自分の事業は息子に譲り、
道を外した彼らがこれから食べていけるよう応援するため
NPOの申請をしているとその時言っていた。
親代わり、保証人になるのだと思った。

私の知っている保護司は地位も名誉もある人だけれど裏を知れば呆れる人間だった。
今はどうしているか知らないけれど風の便りでは病気・・

刺青をしていてもしていなくて、ワルも恐ろしい人も山ほどいる。
見た目は一緒・・・
解らない・・だから難しい。

悪いもの、怖いもの、汚いもの、姿の違うもの
排除してそれだけでいいのだろうか・・・

本当の悪は普通の格好をしている。
救える刺青さんは救えないものか?
どこで判断するか?

会って見なきゃ解らない。

あ~まだいらした・・・

刺青はしていないと思うけれど、つい最近その世界から足を洗ったと聞いた。
ものの分かる大人です・・・顔に出ている。
私より年上・・・
周りは新たな法律もできたのでお付き合いすることをピリピリしている。
利用する時だけ便利に使って、そっちの方がもっと悪でいやらしい。

滅多にお会いする人ではないけれど
私はYさんにお会いした時はいつものように笑顔で頭を下げる。
これからもずっとそのはず・・そういう人。

「ヤバイ印.com」の管理人のコタロウさんは
なぜ刺青を入れたのかまだ聞いていない。
私には想像のできない生活ぶりだ。
しかし、心のあたたかい親分肌の若者だと感じている。

私が刺青を綺麗(日本の古来のもの)と思うせいか、
見たい、触りたいなどと思ったからなのかいろんな人とご縁があった。

「引き寄せの法則」ですね? ・・なんて聞こえきそ・・

刺青云々ではなく
私は刺青をいれている人の心根を垣間見て知ることになり
その部分を潜在的に好きなのかもしれない。

共通してあたたかい人なのだ。
そして、自分の意見を持っていた。

今時の、入れたけれど消したいという安易な考えの人たちは
私の中では問題外。
就職、結婚、子育てに支障があろうと何ら同情する心もない。
ご自由になさったらいい。

心が美しければ生きやすい世界が必ずやってくる。
そう思っていましょ。

嬉しいことを待つのは楽しいものよ・


↓↓・・・・ポチポチッと応援してもらえたら嬉しいで~す!o(^-^)o
.人気ブログランキングへありがとうです!

スポンサーサイト
copyright (C) 情熱惑星 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。